NEW ACOUSTIC CAMP 2017 のワークショップエリアに、鳳凰を模ったオブジェを制作させていただきました。

流木アーティストのKSKとの3年目のコラボユニット「マサすけ」作品となりました。

鳳凰は個人的にも手塚治虫の火の鳥から始まり、平等院の鳳凰にも心を打たれたりと思い入れのあるテーマでしたので、何度もスケッチをして、ポーズや浮遊感や、ラインにこだわりました

胴体には光のエネルギーを模したミラーボールがぎっしり。
目と首は赤く染まっていますが、半面は時おり色が変わります。

尾っぽの長さも鳳凰にとって需要なポイントですので、風になびくラインをファイバー製のポールで表現しました。

*使用した電飾関連品*

オリジナル球体ライト
イルミネーション
ミラーボール
パーライト
スポットライト

Related Posts

ライト

株立の木

横浜、みなとみらいのGreenroom festivalのGood D Read more…

ライト

布と木と光

4月に名古屋で開催された 04 Limited Sazabys主催 の Read more…

ライト

311 ソーラー電力とLED

今年で8周忌となる311、追悼イベント”Peace On Read more…