2017/9

NEW ACOUSTIC CAMP 2017 のワークショップエリアに、鳳凰を模ったオブジェを制作させていただきました。

流木アーティストのKSKとの3年目のコラボユニット「マサすけ」作品となりました。

鳳凰は個人的にも手塚治虫の火の鳥から始まり、平等院の鳳凰にも心を打たれたりと思い入れのあるテーマでしたので、何度もスケッチをして、ポーズや浮遊感や、ラインにこだわりました

胴体には光のエネルギーを模したミラーボールがぎっしり。
目と首は赤く染まっていますが、半面は時おり色が変わります。

尾っぽの長さも鳳凰にとって需要なポイントですので、風になびくラインをファイバー製のポールで表現しました。

*使用した電飾関連品*

オリジナル球体ライト
イルミネーション
ミラーボール
パーライト
スポットライト

Related Posts

キャンドル

軽井沢高原教会 星降る森のクリスマス

2020/11 軽井沢高原教会の冬の美術装飾を製作いたしました。 「星 Read more…

ライト

池袋PARCO ChillCity 2020

池袋PARCOの屋上でのイベントChillCity 2020の会場装飾 Read more…